気になるポツポツを撃退|角栓ケアで綺麗になれる

レディー

ニキビの予防と治療

大人ニキビの予防

ニキビが炎症を起こし、化膿化したあとに残る赤みがニキビ跡です。大人ニキビはニキビ跡になりやすく、一度出来てしまうと何年も消えないこともあります。ニキビ跡を予防するには、ニキビができないようにすることが大切です。思春期は額や鼻など皮脂が多い部分にニキビが多くできますが、大人になると頬や顎など乾燥しやすい部分に出来やすくなります。ターンオーバーが乱れてしまうと毛穴に古い角質が溜まり、それがニキビの原因になります。ターンオーバーを整えるには、ピーリングやビタミンC誘導体によるケアがお勧めです。ピーリングには角質をはがす効果があります。ビタミンC誘導体には皮脂を抑える働きと代謝を高める働きがあり、ニキビにもニキビ跡にも効きます。

治すのが難しいクレーター

出来たばかりのニキビ跡なら、ピーリングやビタミンC誘導体などのスキンケアで治せます。しかし、紫外線にあたって濃くなってしまったり、組織が傷ついてへこんでしまったりすると、自分では治すのが難しくなります。特にアイスピック状やクレーター状になってしまうと、医療機関で治療をするしか手段がなくなります。また、治療で修復できる部分にも限界があり、完全に元の皮膚に戻せなくなることもあります。そうなってしまってから後悔しないように、ニキビ跡ができたら早期にしっかりケアをすることが大切です。ニキビやニキビ跡は保湿をして角質を柔らかくしておくと出来にくくなります。日ごろから保湿効果が高い化粧水でスキンケアをすることをお勧めします。